痩せ過ぎは危険!健康的に太る方法

痩せ過ぎは危険!健康的に太る方法

胃腸を改善する

太りたくても太れない方で多い理由が、胃腸の調子が悪く吸収率が悪いことです。原因は歯並びの悪さがまず挙げられます。それによって栄養を吸収する前に排出してしまう消化できないのです。

またこれは水を飲み過ぎた場合に起こるのですが、胃液が薄まって消化できないという原因もあります。最後にストレスが原因で胃下垂になり消化がうまくできないというパターンもあります。最初の二つについては、食事の時はよく噛むことを心掛け、水を飲み過ぎないように気をつければ良いですが、胃腸が改善するのは中々簡単にはできません。できるだけ普段の生活でストレスを溜め込まないようにしましょう。それからしっかりと毎日睡眠を取ることも胃腸の改善には重要です。睡眠不足はイライラなどにつながり、ストレスをためこむ原因になるからです。それから消化しやすい食べ物を積極的に摂ることが、胃腸の改善につながります。

消化しやすい食べ物は白米、トースト、蒸しパン、うどんなどです。おかずとしては豆腐や半熟卵、ささみ、白身魚それからほうれんそうです。キャベツやじゃがいも、バナナやヨーグルトも胃腸に良いです。反対に胃に負担を与えやすい食べ物をしっかり覚えておき、それを避けるようにしておきましょう。胃に負担を与えやるい食べ物は揚げ物、スナック菓子、ケーキ、チョコレートです。またアイスや唐辛子など辛いもの、炭酸飲料やアルコールも良くありません。このようなものを食べないようにして少しでも胃の調子を良くしましょう。

1日3食しっかり食べる

朝ごはんを食べていないと痩せすぎになりがちです。健康診断でもよく言われますが、三食をバランスよく食べることが健康的に太る一番のコツなのです。よく誤解されていることなのですが、寝る前にたくさん食べて太ろうとしている人がいますが、痩せやすい体質の人は寝る前二たくさん食べたからといって太るわけではありません。

むしろポイントは朝ごはんを抜かないことです。といっても今まで朝食を食べていなかった人は、突然始めるのが大変だと思います。なので自分の調子と相談しながら少しずつ進めていくことが重要です。つまり朝に食べやすくて、エネルギーの大きい果物などを選んで朝ごはんを口にするのです。バナナなどもいいでしょう。ヨーグルトにバナナをつけて食べるなどをしましてアレンジすればベストです。バナナは糖度が極めて高いので太るには最適の果物です。またヨーグルトは消化吸収率を高める効果もあるため、胃腸の改善にも役に立ちます。

つまり栄養素の消化吸収を助けるので何かを食べた時に吸収して太りやすくなるのです。あるいは牛乳をかけるコーンフレークなども良いでしょう。なかなか面倒くさくて朝ごはんを作って口にする習慣をなくしてしまうと、再び始められなくなってしまうと思います。でもほんの少しだけでも食べるようにして行けば、徐々に食べられるようになっていきます。その分早く寝て、早く起きるように目覚ましでセットしておくことが太るためのはじめの一歩です。

冷たい飲み物を控える

体を冷やすのが胃の調子が悪くなる一番の原因です。健康のためだけではなく、痩せすぎが気になっていて太りたいと思っている人はコ、ーラなどの炭酸の清涼飲料水は控えるようにした方がよいです。実は牛乳もあまり良くありません。なぜなら市販の牛乳の多くは低温殺菌されてしまっていて栄養がほとんどないからです。

むしろ牛乳の冷たさが胃に悪い影響を与えるようになってしてしまいます。かといって電子レンジで温めた牛乳は栄養がなくなってしまっているのでやはりあまりおすすめできません。一番良いのは暖かいお茶です。温かい飲み物が胃腸を良い状態に変えてくれてただ太るだけでなく、健康な体にしてくれます。

冷たいものは胃腸の消化吸収率を下げてしまうだけではなく、それどころか自律神経が乱れ体温調整が上手くなるできなくなってしまうので、慢性的な疲労感やだるさそれから血行不良を引き起こす原因にもなるのです。お茶にはカテキンが含まれていて肝機能などの改善にも役立ちます。是非ご飯の際には一杯のお茶、喉が渇いたら温かいお茶を飲むように習慣づけましょう。それでもどうしても胃腸の調子が悪くなってしまった時などは、胃腸薬を使って胃の働きを整えることも重要です。

胃酸の分泌を抑えたり、胃の消化吸収を改善させたり、この両方の効果を併せ持つ総合胃腸薬など、色々な種類の薬があるので体調に合わせて胃腸薬を選びます。その際も冷たい水で飲まず、できるだけぬるま湯などで飲むようにしましょう。

夕食の量を増やす、けど食べ過ぎない

夜はエネルギーを吸収率が一番高くなるため、夕食の時にたくさん食べてしっかり栄養を身体に蓄積するようにしてください。メニューはできるだけたくさんの量にして、タンパク質を高くしてそれでいて栄養満点の物を選びましょう。ダイエットの人は、夕飯を抜く傾向がありますが太りたい人はその逆です。夜の食事量を増やした方が良いのです。ただあまり寝る前に食べるのは良くありません。それだけは注意しておきましょう。

また夜食べ過ぎると胃がもたれ、食欲が低下してしまうという可能性もあります。こってりとした脂っこいご飯は昼に取るようにして、できるだけ夜は胃に負担のかからないものを選ぶように気をつけてください。できるだけ白米の量を増やすのがコツです。炭水化物を摂ることもしっかり太るコツです。食べ過ぎたら、消して太るわけではありません。

胃に負担がかかって、しっかりと食べたものが体に吸収されなくなってしまうからです。その点だけは気をつけて、できるだけのたくさんのご飯を食べるようにするとよいです。主な高タンパク質食品は大豆関係、うなぎ、チーズなどでそれからマグロの刺身や鰹の刺身、サーロインステーキなども良いでしょう。高脂質な食品は植物油や卵、マヨネーズやアーモンドなどが良いです。それからストレスなどをなくすために、楽しいバラエティ番組を見ながら食べたり、みんなで笑いながら食事をとるようにして、少しでもリフレッシュするようにすると、なお効果的です。

サプリを使った体質改善法

いくら健康的な食べ方を心がけたり、健康的なメニューを選んだりしていても、太るために必要な栄養素をまんべんなく取り入れることはそう簡単ではありません。どうしても栄養は偏ってしまいます。

そこで食事で取り入れられないような栄養素はサプリメントで補うのが効果的です。しかしサプリはあくまでも食事の栄養吸収をよくするための補助でしかないので、やはり一番大切なのは食事をしっかり取ることです。食前に飲むタイプのサプリである「プッチェ」というものがかなり効果があります。痩せ気味の人には効果的です。

これを気をつけて飲むようにすれば、肋骨などにも肉がつき始め、効果的に太ることができます。「ファティーボ」というサプリはかなり胃腸を良くするサプリメントです。胃腸を良くする酵素がしっかり含まれているのが特徴で、これを飲むとお腹が空きやすくなるようになっています。今までよりもたくさんご飯が食べられるようになります。

そして食べるのがとても楽しみになっていくサプリメントです。値段はそれほどかからないので是非試してみるとよいでしょう。PULUELというサプリメントもあります。これは7つの酵素やBCAAGABA酵母亜鉛などが含まれたサプリメントで、これもかなり太るのに有効なサプリメントとなることでしょう。また筋肉増強などで使われているプロテインも効果的です。プロテインによってしっかり体に筋肉もついて体がだんだん大きくなっていくことでしょう。

サプリ選びはとても大切です!太るサプリの選び方は「太るサプリの選び方(太るための教科書)」を参考にさせて頂きました!!

健康カテゴリの最新記事