日本食の健康効果!スローカロリーを世界に発信!

日本食の健康効果!スローカロリーを世界に発信!

日本の食文化について

日本の食文化について

日本の食文化について見直す動きが世界中で起こってきています。その理由は健康的で理想的な栄養バランスを持っているという事がありながらそれでいて美味しいという事が評価されているといってもいいでしょう。スローカロリーともいわれるカロリーの高くない食事が出来ていて、それでいてバランスに富み理想的な食生活をしているという事で世界から注目が高まってもいるのです。

特に欧米ではどんどんと高カロリー化が進んでいて、これに起因すると考えられる成人病や生活習慣病のようなものも多発していることから、この日本の食文化がいかに優れたものなのかという事が見直されるようになってきたわけです。肉も野菜も食べながらご飯もお味噌汁も食べるという事で、常にバランスを意識した食生活が根付いているという事も特徴的です。

お肉は魚中心で食べるので栄養価がありながらも脂肪として付きにくく逆に体に良い働きをする面が多いのも特徴的です。島国で海に囲まれていたという事がこうした食生活を作ったとも考えられます。特に完全に東の孤島として世界からはかけ離れた文化を自ら作るようになったことで、独自の食文化が開かれるようになったという事がいえるのでしょう。

大陸の影響をほとんど受けていないので、自分たちで独自に考えていった結果が今の文化となって花開き世界から認められるような食文化となったとも考えられます。一汁三菜というような言葉もあり、欧米が理想とするような食生活を日本が営んでいたことが注目されています。

和食の健康効果

和食の健康効果

和食が世界から注目される理由の一つに健康効果があります。とにかく和食を食べていれば健康になれるというような事を考える人もいて、一種の信仰のようなものが出来ていることもあるぐらいです。和食を食べれば誰でも健康になるというわけではありませんが、欧米偏った食生活に比較すると和食の健康効果というのは大きなものがある事は確かでしょう。一汁三菜というような言葉もあるように必ず野菜を摂るようにしているのもその一つの現れです。

しかも、腹八分目という言葉もあるようにお腹いっぱい食べない事を美徳とするような風習もあり、これも健康に良いという事が言われています。腹八分目に医者いらずという言葉があるようにお腹いっぱい食べることを諫めているところも世界からすると驚くところでしょう。こうした言葉からもわかるように、和食は極めて健康のことを考えて出来ている文化という事になっています。

単に食べれば元気になるというような事ではなく、既に昔からバランスという事を考えていたり、食べすぎに注意をしていたりとさまざまな経験から学んだことを盛り込んでいたということが分かります。それを言葉にして伝えているところが輪食文化の健康意識の高さを表現していると考えてもいいでしょう。今の様にデータ解析をしているようなわけではないのですが、経験によって良いと感じたことは格言にしたりして後の世の人に伝えているのが日本人の奥ゆかしいところともいえるのかもしれません。

和食の良いところ

和食の良いところ

和食の良いところはバランスがとれているところです。決して偏りが出てくることがありません。このことは、どんな和食の料理についてもいえる事です。ご飯だけということも無く、味噌汁だけということもなく、一汁三菜を基本としてその上に足していくというような考え方で成り立つようになっているのが特徴的。

決してどれか一つに絞るという事はなく、食べ合わせという言葉があるように、バランスよく食べるという事を常に考えているのが和食の特徴的なところです。バランスを常に考えているので栄養が偏ることがありません。欧米などで食が問題になる事の一つとして、このバランスが悪いという事がよくあります。糖質を摂り過ぎていたり、脂質を摂り過ぎていたりと、何かとバランスが悪いのです、そのためさまざまな栄養が過多になる一方で、たくさん食べているのに不足する栄養素が出てたりもするかも。そうなると、体を壊しやすくなるのは当然という事になるでしょう。

和食は健康を常に意識していながら、マナーも意識しているところも良いところです。食事の前には頂きますという挨拶ならぬ感謝の心を示すこともある。他の国でも似たような事をするところはありますが、宗教的な儀式になっている事が多く、日本のように無宗教でありながら食事に感謝するというのはなかなかありません。それだけ食事の大切さを認識しているという事が言えるのかもしれません。それでいながら、皆が揃うまで待つということ習慣もあり、こうした文化そのものが良いと考えられるようになってきたのかも。

海外で和食ブーム到来?!健康に良いとされる噂

海外で和食ブーム到来?!健康に良いとされる噂

今は海外では和食ブームが起きているといってもいいでしょう。至る所で和食のレストランが登場して人気となっています。お寿司を作ったりするようなところも増えているのですが、日本の真似と言えないようなびっくりするような料理が紹介されていた李もしますが、まあ全ての人が完全に日本の料理をマスターして紹介するというよう事は出来ないでしょうから、不思議なものが出てくるのも仕方が無いのかもしれません。

ただ、和食のブームが起きている背景として健康に良いという事があるという事は見逃せません。お魚はしっかりと食べて欧米の主食である牛肉や豚肉はそれほどでもないという事があります。お魚は同じ肉系の食材ではありますがDHAやEPAなどのとても魅力的な栄養素を多く含んでいて、健康に良いという事が既にさまざまな実験によって証明されているという事があります。そのため、日本人は健康的なのだというように考える人が増えているという事はあるといってもいいでしょう。実際に日本人は平均寿命が世界でも有数に高いという事が言えます。

医療技術が進んでいるという事もありますが、食事がこれに大いに関わっている事は間違いないといってもいいでしょう。なにしろ、健康でなければ早くに亡くなってしまう事になりますから、これが平均寿命を下げてしまっていました。日本食が欧米の食事に憧れるという時期もありましたが、今は欧米が日本の食生活に憧れる番だと言ってもいいかもしれません。

「長寿大国」の日本が誇る食文化!寿命を伸ばしたいなら和食がおすすめ

「長寿大国」の日本が誇る食文化!寿命を伸ばしたいなら和食がおすすめ

日本はこの食文化のおかげで長寿となっていると考えてもいいでしょう。当然長寿の理由は和食にある事は誰もが認めるところであるはずです。世界でも有数の長寿の国でこれでストレスがもっとなければとも思うのですが、そこまではなかかな出来る事ではないのかもしれません。

いくらバランスよく食べて、スローカロリーのような生活をすることが出来ようとも、実際にそれを毎日するという事はかなり大変だったりします。そのため、日本の女性は厨房に入って、そこに男性が入るような事は嫌うというようなことまであったのです。自分の家のような感じになるのかもしれません。

そして食材もかなりこだわりが半端ではないという気もします。とにかく食にはこだわりが多いという事が言えそうです。寿命の背景には、こうしたバランスを考えた見事な食生活のおかげということが言えるでしょう。どんなに美味しい食事であってもバランスが悪ければ意味なく使わない栄養を貯めて、使う時になかなか出てこないという事がありがちです。ですが、日本の職文化は古くから続いているものですから、こうした事を考えていくとどういう事を職人さんは苦労をしたのかというようなことがわかるようになります。

日本人が長寿なのはその連携にも理由があるという事は知りませんでした。食べる食材からしっかりと吟味をしているので、地域に根付いたものを食べているという特徴も日本的です。山や川で区切られることも多かったので、さまざまな地域に根付いた食文化が花開きました。

健康カテゴリの最新記事