世界が注目する「日本食」の魅力

世界が注目する「日本食」の魅力

和食の美しさ

和食の美しさ

日本食の最大の特徴は、芸術作品かと思うほど美しいことです。和食は素材が持つ本来の風味や味を損なわないように調理を行うため、食材の色や形が料理に反映されます。日本は国土が南北に長く伸びていますし、海・山・平野とさまざまな特徴の自然があります。それぞれの地方や地形に応じた多様な食材を得ることができるため、色彩が豊かな料理を楽しむことができるのです。

日本の国土は肥沃な土壌に恵まれているため、穀物に加えて多くの野菜や果実を得る事ができます。地面から生え出たものを人が直接食べることができるという点で、世界的に見ても日本の環境は非常に恵まれていると言えます。自然から得られた農産物や水揚げされる海産物は、最小限の手を加えることで季節に応じて見た目に加えて素材の味を楽しむことができます。

和食は見た目だけではなく、味や風味も素材の持つ魅力を引き出す必要があります。見た目を美しくするだけであれば簡単ですが、味や香りも自然の美しさを感じられるものでなければなりません。和食は食材に不必要に手を加えずに、見た目と味の両面において自然の美しさを表現した料理であることが最大の魅力です。

和食が美しいことは、日本人が持つ精神と深い関係があります。日本人は古代から自然を尊重する精神を培ってきました。美しい料理を作るための食材を得るためには、清浄な自然環境が必須です。和食の美しさとは、日本人が持ち続けてきた自然に対する敬意の表れであるといえます。

和食の長所

和食の長所

和食の長所は多種多彩な食材の魅力を引き出すために、非常に多くの調理法が存在することです。長い時間をかけて加熱をしたり醗酵させる調理法もありますし、逆に加熱などの加工を一切行わずに生で食べる料理もたくさんあります。いずれの調理法も、和食の調理法は全て食材の持つ魅力を引き出すことができます。

海外の料理と比較すると、和食は生食をする調理法が非常に多いという特徴があります。生で食べる物には野菜や果物以外にも、魚介類の刺身・馬刺し・生卵などがあります。食材そのものは海外の料理でも普通に使用されるものばかりですが、加熱をせずに生の状態で食べる文化は海外ではほとんど見られません。一般的に食材を加熱調理すると多かれ少なかれ食材に含まれる栄養素が熱で破壊されて損なわれてしまいます。生食をすることには食材の本来の味や風味を味わうだけでなく、栄養素を効率良く摂取することができるというメリットがあります。

一般的に生食は食中毒の危険性があるため、綺麗な環境で得られた食材に限られます。日本人は古代から自然を守り、環境を美しく保つことにより安全に生食ができる食材を得ることできるのです。和食の魅力は、美しい日本の自然環境とセットになっていると言えます。

もうひとつの和食の長所は旨味が存在することです。和食には昆布や鰹で取った出汁を使う調理法が非常にたくさんあります。旨味を活用することで、少ない調味料でも食材が持つ本来の味を最大限に引き出すことができます。素材の風味を損なわないようにするために、和食では香辛料や薬味は必要最小限しか使用されません。

和食がヘルシーな理由

和食がヘルシーな理由

日本人は世界的に見ても平均寿命が長くて長寿国として知られています。主要先進国の中でも日本は心臓病による死亡率が低いです。平均寿命が長い理由として、和食がヘルシーであることが考えられています。和食が体に良い最大の理由は動物性の脂肪分が少なくて、栄養価が非常に高いことです。

欧米の土地は牧草しか生えない土壌なので、地面から生えたものを人が直接食べることができません。そのため放牧を行って家畜を育て、人が肉を食べる肉食文化が発達しました。これに対して日本の土壌は肥沃で人が食べることができる作物を栽培することができますし、海から新鮮な魚介類が得られます。和食は穀物・野菜・魚などの低カロリーで栄養価が高い食材を中心とした料理が多いので、非常に健康的です。

和食は栄養のバランスが整っていることも健康に良い理由のひとつです。一般的な和食は一汁三菜で、ご飯と汁物、野菜や海産物を含んだ副菜から成っています。この組合わせには人間が摂取すべき栄養素がバランス良く含まれています。汁物があるおかげで満腹感を感じることができ、食べ過ぎを防ぐ効果があります。和食の食材にはミネラル分が豊富な昆布・ワカメ・海苔などの海産物が多く用いられていることも、健康的である理由のひとつです。

和食がヘルシーである別の理由は、発酵食品が多いことです。和食には納豆だけでなく、漬物・味噌・醤油など非常に多くの発酵食品が含まれます。日本人であれば、特に意識していなくても毎日何らかの形で発酵食品を口にしているはずです。発酵食品は腸内の環境を整えたり血液をサラサラにする作用があり、病気を防ぐことができます。

和食は季節感を味わえる!四季色々

和食は季節感を味わえる!四季色々

野菜や海産物が中心の和食は主食のお米や保存食品を除き、1年を通して全く食材が用いられることがありません。和食の料理はどれも、四季に応じた食材がふんだんに使用されています。日本では季節ごとに収穫・水揚げされる野菜・果物・旬の魚介類などを、不必要に手を加えすぎないシンプルな調理法で味わうことができます。和食は四季のおかげで食材の種類が非常に豊富であることから栄養価が非常に高く、健康的であることの一因でもあります。

季節感を感じられる日本の食文化は、日本の環境によって生み出されてきたと言えます。亜熱帯(沖縄)から亜寒帯(北海道)まで南北に長く伸びた日本の国土は、季節に応じてさまざまな食材を産出してくれます。春夏秋冬で寒暖差があるので、それぞれの季節ごとに“旬”の食材が存在します。季節ごとの気温の違いに加えて、日本の国土は良質の水源に恵まれていることも旬の食材を楽しむことができる理由のひとつです。日本の水はミネラル分が少ない軟水で、多くの種類の作物を栽培することができます。四季の寒暖差や良質な水のおかげで日本は野菜の種類が豊富で、1年を通していろいろな食材を味わうことができるのです。

日本は季節ごとに、自然の景色の移り変わりを楽しむことができます。視覚・聴覚・嗅覚などで四季を感じるだけでなく、多くの食材を通しても味覚で季節の変化を楽しむことができることも和食の大きな魅力のひとつで、世界的に見ても非常に贅沢なことです。

日本食の魅力

日本食の魅力

食事の主な目的とは、人が生きるために必要な栄養素を過不足なく毎日補給することです。日本食は栄養バランスが整っており、栄養面では理想的です。そのため、日本食は食事の本来の目的を完璧に果たしていると言えます。植物性の油やタンパク質を多く含んで動物性の脂肪分が少ない日本食は、世界的に見ても健康的な食事であるとみなされているほどです。

日本食は栄養のバランスに加えて見た目が美しくて食材が持つ本来の風味を感じることができ、視覚・嗅覚・味覚でも楽しませてくれます。日本では料理を美しく見せるために伝統工芸品の食器が生み出されてきました。彩り豊かな食材と美しい器によって、芸術作品のような和食を視覚と味覚の両方で楽しむことができることも和食の大きな魅力のひとつです。

和食は四季に応じて旬の食材を味わうことができ、季節ごとに産出される多くの種類の食材からさまざまな栄養分を摂取することができます。日本食は料理を通して四季の変化を表現するため、年間を通してどの季節でもその時々に応じた旬の食材を楽しむことができることも大きな魅力です。

日本食は、日本の国土の特色や美しい環境によって生み出された新鮮な食材によって成り立っていると言っても過言ではありません。出汁を取るためには海産物や軟水が必要ですし、食材を加熱しないで生食をするためには常に自然環境を美しく保たなければなりません。魅力的な日本食は、日本の美しい自然環境に支えられているのです。

健康カテゴリの最新記事