日本の伝統的食文化

日本の伝統的食文化

日本の食文化について

日本の食文化は海外には真似できないものばかりです。お寿司やラーメン、カレーに肉じゃがなど、海外の食文化を応用することで新しいものを作っています。この既にあるものを改良して、新しいものを作ることは日本人の得意技です。それだけでなく、日本食は食材を最大限に活かすものをたくさん作っています。

例えば刺身はどこの筋を切れば美味しく素材の味を最大限に活かすことができるかを精密に計算した上で、ベテランの職人が切れ味のよい包丁を使って切ります。他の国の食文化を応用するだけでなく、伝承することが難しい技術を駆使することで、美味しい日本食が出来上がるのです。

職人の技をコピーしようと多くのIT企業が人工知能などを利用して解析をしていますが、それでも複雑すぎでコピーできていません。大手のIT企業ですら職人の技をコピーする事業から撤退しており、技術の継承を行うには実際に人間が行う必要があるのです。日本人の食文化はこれらの職人の技によって成り立っています。

一般的なスーパーマーケットの惣菜であってもそれぞれの専門家がそれぞれの技術を使用することで、美味しい食卓が出来上がるのです。日本の食文化は海外の物を応用して作られたものなので、独自性があります。この独自性は日本人特有の素材の味を引き出すという考え方ともったいないという考え方から来ています。この根本的な思想が外国の方々とは違っているので日本の食文化は海外の方には真似することができないのです。

日本の食文化の特徴

日本の食文化の特徴は何よりも、素材の味を最大限に引き出すように調理しています。どの角度から包丁を入れると美しく仕上がるかという美学にも基づいて作られているのです。ただ自分のエゴによって美しく作れば良いというものではなく、食べる側への配慮も考えて作られています。

盛り付けは食欲をそそられるか、見た目は良いかなどを考えて作ってあるのです。だからこそ花や桜などの飾り切りを行うことができます。飾り切りは食べる側への配慮によって生まれたものだけではなく、作る側の技術のアピールにもなります。イギリスの料理では魚を真っ二つに切ってパイに載せるという斬新な技法を用いていますが、食欲をそそられるわけではありません。食べる側がどうしたら自分の料理を残さずに食べてくれるか、どうしたら自分の料理を満足してくれるかを真剣に考えて作られたのが、日本の食文化です。

日本の食文化は相手へのおもてなしの結晶ということでしょう。おもてなしの心こそが日本食の真髄であり、それこそ守って次世代へ受け継いでいかなければならないものなのです。

最近の日本の食文化は機械化の傾向がありますが、それでは美味しくいただくことはできません。機械化された食事には機械化された食べ物しか生み出すことができないのです。職人の機械に真似できない技によって作り出される料理こそが、食べる側が美味しくいただく事ができます。だからこそ日本の食文化は尊いものであり、次の世代に受け継ぐべきなのです。

日本の伝統的な食べ物

日本の伝統的な食べ物のひとつはお寿司です。寿司はもともと川魚を酢飯で発行させた物が起源となっています。この時の寿司は手軽に食べられることと長期保存することを考慮して作られており、美味しさは二の次となっています。しかし、安くて手軽に食べられることから、大工や商人などに江戸時代のファーストフードとして愛されていました。時代は進んで、お寿司は生の魚をネタとして載せるようになりました。

生の魚を使用したお寿司は握り寿司と呼ばれ、味が大変美味しく人々に親しまれていました。お寿司だけでなく肉じゃがも日本の伝統的な料理と言えるでしょう。肉じゃがの期限は旧日本海軍です。兵士の腹ごしらえをするために料理を提供していましたが、材料が少なくなった時に考案されたようです。

お醤油と砂糖を使用して、カレーを作る作り方と同じように作っていました。だからカレーか肉じゃがかを兵士が選ぶことができたのです。その日の気分に合わせてカレーにするのか、肉じゃがにするのかを選ぶことができることから、兵士の士気も上がって戦闘で勝利することも多くなりました。食事には戦局すら動かすこともできる力があるのです。

日本の伝統的な食べ物には多くの歴史で作られています。昨日のものを改良して今日食べる。それを繰り返すことにより、現在の日本の食事が生まれてきています。だから日本の伝統的な食べ物は継承していくべきであり、健康的な日本食を食べ続ける必要があるのです。

日本と海外の食文化の違い

日本と海外の食文化の違い

日本と海外の食文化の違いは、素材の味を引き出せるかどうかにあります。例えばアメリカであれば、二本と違って独特のバーベキューソースを使ったり、マスタードやケチャップなどをかけて、素材の味を損ねています。これではどんなに美味しい物を作ったとしても、バーベキューソースの味やケチャップの味になってしまいます。

専門のシェフが調理しても、それは同じです。これでは誰が調理しても意味がありません。肉を焼いて塩やケチャップなどをかけてしまえば良いだけなのです。それに比べて日本の食文化は専門のシェフにしかできない素晴らしい技がたくさん使われています。その技法は国宝級とも呼ばれ、次世代へ受け継いでいかなければならないものです。現在、多くのIT企業が日本の伝統職人の技法をコピーしようと動いています。

しかしどれも不完全なコピーで猿真似でしかありません。原因として職人の技法が複雑すぎるからです。力の加減、角度や姿勢などが人工知能やロボットには真似できません。一方でアメリカやイギリスなどの料理はロボットでも簡単に真似することができます。

理由として食材をただ焼くだけ、煮るだけのワンパターンによるものなので自動化が簡単なのです。だからどんどん機械化が進んで作り手の真心のこもった料理を食べることができません。真心のこもった美味しい料理が食べることができるのは日本だけです。日本の料理は作り手の料理に対する真剣な真心が複製できない料理を生み出しているのです。

日本の食文化の変化

最近の日本の食文化は常に変化しています。特に従来の魚や野菜を中心とした食卓から、肉や穀物を中心とした物に変わっています。その原因のひとつとして、所得の減少があります。

一般的なサラリーマンの給料が減ってきており、家庭の貧困が顕著になってきています。貧困に対処するために、人々は節約を行います。最も重視するべき食費から削っていくようになります。それにより、価格の高い野菜や魚を買うのではなく安価で調理も簡単な肉類や穀物を中心に買うようになりました。これにより日本人の食文化は昔とは違うものになり、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病などを患う方が増えています。生活習慣病を改善させるためには、従来の日本人としてあるべき日本食に戻す必要があります。

しかし、従来の日本食に戻すためには、家庭の経済状況を改善させる必要があります。これは政府が中心となって行わなければなりません。雇用形態の多角化、採用条件の簡略化などを推進し、誰でも働いて、誰でもがお金を稼ぐことができる未来を作る必要があるのです。日本の食文化の変化を元に戻すには私達が選挙に行き、行動を起こさなければなりません。

選挙に関するテレビ放送を見たり、選挙に関して積極的になりましょう。この国の経済状況を昔のようにもどして、野菜や魚を食べることで生活習慣病も改善されます。経済を改善させることが、野菜や魚を摂取することにつながり、生活習慣病を根本から解決することができるのです。

健康カテゴリの最新記事